代表的な資格一覧

〝未曾有の不況〟とされる、今日の日本経済。大企業の倒産も珍しくない今、ベースアップの据え置きやボーナスカットはもちろん、誰であれいつリストラ対象となり、解雇の憂き目にあってもおかしくはありません。国や会社が護ってくれなくなった現在、頼るべきは自分自身。そこで、自分のスキルを高め価値を上げてくれる武器となるのが、資格という存在です。

また、ひとくちに資格といっても、法律が認めた国家資格を筆頭に、特定の企業や団体が認定する民間資格。そして、その中間に位置する公的資格と、3種類、総数にして3000もの資格が存在します。

スキルアップをはじめ、就職や転職を有利に進めるためや独立開業するためなど、資格取得の目的はそれぞれかと思いますが、その資格が目的や目標を実現させてくれるものかどうか冷静かつ客観的視点で判断し、取得する資格を決定する必要があります。まずは、日本にはどのような資格が存在しているのか、代表的な業界や業種によるカテゴリー別に資格一覧を見てみましょう。

《各カテゴリ別資格一覧》

法務系資格一覧

経営・労務系資格一覧

事務系資格一覧

・ 司法試験
・ 司法書士
・ 行政書士

・ 中小企業診断士
・ 社会保険労務士(社労士)
・ 経営士

・ 秘書技能検定
・ ビジネス能力検定
・ 漢字能力検定(漢検)

不動産資格一覧

会計・金融系資格一覧

・ 宅地建物取引主任者(宅建)
・ 不動産鑑定士
・ マンション管理士(マン官)

・ 日商簿記検定
・ 公認会計士
・ ファイナンシャルプランナー

医療系資格一覧

IT系資格一覧

福祉系資格一覧

・ 医師資格
・ 歯科医師資格
・ 薬剤師

・ 初級シスアド
・ 基本情報技術者
・ システムアナリスト

・ 介護福祉士
・ ケアマネージャー
・ 理学療法士

語学系資格一覧

食品系資格一覧

公務員資格一覧

・ TOEIC
・ TOEFL
・ 英語技能検定(英検)

・ 管理栄養士
・ 食品衛生責任者
・ ソムリエ

・ 国家公務員I種
・ 警察官試験
・ 国税専門官

次のページ >>