学主環境を整備する

資格取得に限らず、あらゆる学習や仕事でもその環境は重要です。散らかし放題の部屋では、いかに優秀なテキストやカリキュラムであれ、その効果も半減してしまいます。本格的に学習を始める前に、まずは学習の場となる部屋を徹底的に掃除しましょう。スッキリした環境で学習すれば、これから本気で学習する気持ちにもなり、学習効果も上がること間違いありません。

部屋をキレイに掃除したからとはいえ、まだ安心するのは早いといえます。学習のみならず、生活の場でもある部屋には学習を阻害する要因がいたるところに存在しています。その筆頭が娯楽の王道であるテレビとパソコンです。

学習の合間に訪れるホッと息を抜く瞬間、または疑問点に突き当たり悶々と悩んでいる時、そんな時に傍らにリモコンがあれば、「少しだけ……」と、つい手が伸びてしまうもの。そうならないために、学習時間にはリモコンを押し入れなどにしまい込む、それでも自信がなければ、テレビやパソコンの主電源であるコンセントを抜いてしまうのもひとつの手。ともかく、ふと気が抜けた瞬間にアクセスできないようにしておくことが重要なのです。

また、漫画や雑誌、そして携帯電話にも要注意。特に多機能化が進む携帯電話は、テレビやパソコン以上に娯楽度が高いアイテム。学習すると決めた時間中は、主電源を落とすことはもちろん、リモコンと一緒に容易に取り出せない場所へと格納しておくことをお勧めします。

常に目標を意識する!

なお、意外に静かすぎると逆に集中できないという人は多いものです。そんな方は、ラジオや音楽のBGMを流してみてはどうでしょうか。ただし、トーク中心の番組や好きなアーティストの曲などは、そちらに意識が持って行かれるため要注意です。あくまでBGMとして聞き流せる物を選んで下さい。

また、学習意欲を上げるものとして古典的でいて効果的なのが、目標を記した張り紙。例えば「○○試験、絶対合格!」などの紙をデスクの目の前の壁に貼れば、疲労や飽きで集中力が散漫な時ほど、目標を再認識できやる気が起こることも。また、例えばベッドの天井に貼ることで起床後や就寝間にも目に入るため、意外と効果的とされています。さらに、その目標を記した紙を撮影し、携帯電話の待ち受け画面に設定すれば、電話やメールする度にも確認できより効果的といえます。こうした小さなテクニックもバカにはできません。

次のページ >>